主な治療内容

よくある身体の悩みと治療法

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア等がレントゲンやMRIで見つかっても、85%以上の人は画像とは関係なく治ります。日本腰痛学会やヨーロッパの診療ガイドラインも、画像等で原因が特定できる腰痛は15%未満と明記しています。無症状の人でも3割の人にヘルニアは見つかります。

しかしながら、一般レベルでは、画像診断のみの過信から、椎間板へルニアという病名に過大な恐れを抱いたり、無理な手術に踏みきって、痛みが消失しないばかりか、かえって身体全体の動きを悪くしている人が後を絶ちません。タオルをしぼった形を想像してみて下さい。しぼられているタオルを背骨に置き換えて考えると、両端の左右の手は頭と骨盤、力を加えているのは筋肉によるものです。

頭の骨と骨盤のバランス、そして力が入っている筋肉の力みを取り除けばヘルニアは完治するのです。また、当院においても、日本腰痛学会においても、ヘルニアの痛みの強い方は、何らかの心理的に強いストレスを普段から抱えており、そのストレスが交感神経を過敏に反応させ、筋肉を収縮させたり、痛みをより拡大させる原因となっていることがわかっています。

合言葉のようにヘルニアという言葉に恐れを抱くのはもうやめてください。事実、当院での治療により、背骨のねじれ・圧迫を取り除き、手術回避できる方がほとんどです。私が腰椎椎間板ヘルニアの病名で10代の時に入院したという経験から、どうしてもヘルニアの話には情熱が入ります。